時効になる前に過払い請求を!過払い金請求ができなくなる前に申し立てをおこないましょう。過払い、債務整理、離婚、交通事故を弁護士に相談。

TOP 過払い 過払い請求 過払い金を請求できる人とは?

目次

過払い金を請求できる人とは?

消費者金融でお金を借りたことがある方全ての方に、過払い請求をおこなえる権利がある訳ではありません。

一定期間、もしくは長期間に渡り、消費者金融業者からお金を借りたことがり、その度に利息制限法を越えた違法な利息分を払っていた方に権利があります。

一般的には、2006年1月以前に、消費者金融など(カードキャッシングも含む)からお金を借りたことがある人のほぼ全員がこの権利を持っていると言われています。

完済後に司法書士に頼む過払い

借金の返済中から司法書士に過払いについて相談する事もできますが、後でゆっくりと司法書士に相談して過払い金返還請求をと考えているのであれば、完済後に司法書士の元を訪れて、過払いに取り掛かるのもいいでしょう。

司法書士が過払い請求を代行したとしても、金融機関と常にいい関係を維持できるかどうかという事は分からない部分もあります。

ですので、完済後に司法書士に過払いを頼むと、今後は金融機関とやり取りを行う必要がないので、交渉などもしやすくなるという事が考えられます。

また、返済中であっても、生活が苦しいので少しでも足しにしたいという事で手続きを行う事を希望する人も中にはいます。

過払い請求の関連記事

過払い金と上限金利のシステム

貸金業者からの借入額が大きくなっている場合には、定期的に上限金利の移り変わりをチェックすることが大事です。

近頃は、過払い金や自己破産の問題に詳しい弁護士の活躍ぶりについて、大手のメディアで取り上げられる機会が増えてきており、早いうちに依頼先を見つけることが効果的です。

また、過払い金のリスクに対応をするためには、専門的なテクニックが必要となることがありますが、リーズナブルな料金が設定されている法律事務所のスタッフに相談を持ち掛けることによって、いざという時にも地道に対策を立てることが可能となります。

過払い金に関する報酬額

過払い金の返還請求を専門とする弁護士や司法書士などの法律家の数は、全国的に増加しており、早いうちに報酬額の相場を理解することがおすすめです。

また、自己破産の問題に悩まされている場合には、実績のある法律事務所のシステムの内容を正しく理解することによって、多忙な生活を送っている人であっても、満足のゆく手続きを取ることが可能となります。

もしも、過払い金の金額を具体的に知りたい時には、顧客対応の優れている法律事務所のスタッフに相談を持ち掛けることにより、常日ごろからじっくりと対策を立てることができるといわれています。

司法書士が解決できる問題

司法書士が解決できる問題は、弁護士に比べて少ないと言われていますが、過払い金の問題は司法書士でも対応が出来る問題として最近非常にクローズアップされています。その理由は、この問題が法律で結論が規定されているためです。

法律では過払いの返還請求が有った場合には返還をしなければいけないことになっており、その根拠を明確に示し請求することで債権者側に特段の理由が無い限り、請求通りに返還しなければならないため、裁判で争うことになる危険性が無いためです。

司法書士は裁判になった場合にはその対応は出来ないため、裁判に至る恐れのない過払いの問題は安心して解決にあたることができるのです。

司法書士の報酬を気にせず過払い相談

最終的に司法書士に支払う報酬が高くなるのではないかという事を心配するあまり、過払い相談に乗り出せない人もいる様です。

しかし、過払い相談を行った際の司法書士の報酬については、過度に心配する必要もないかと思われます。

その理由についてですが、司法書士の報酬というのは取り戻せた過払い金の中から一定の割合を支払うという事になります。

もし、司法書士が過払いを回収できない場合には、支払いは不要としている事もあります。

過払いで戻ってきた金額より、司法書士への報酬が大きく上回ってしまうという事がない様に料金が設定されている事も多い様です。この事が分かれば、気軽に相談できるのではないでしょうか。

回収率が高い司法書士に過払い相談

同じ過払い相談を行うのであれば、少しでも回収率が高い司法書士を選びたいと考える人は多いでしょう。

過払い問題の回収率について細かい部分は把握できなくても、司法書士の中には回収する事ができた過払い金の合計金額などを紹介している事もあります。

自分の地域で過払い相談を受け付けている司法書士を探した場合にたくさん見つかる事もあるかと思いますので、その際には、過去に回収できた金額が掲載されていると参考にしながら選ぶといいでしょう。

しかし、司法書士として開業して間もない人であれば、過払い問題の実績もまだ十分ではない事もあるかと思われます。司法書士を選ぶなら、その点を考慮しましょう。

過払い金を取り戻すには弁護士ではなく司法書士へ

過去に払ったお金を取り戻して少しでも余裕のある暮らしをしたいと誰もが思っているはずです。そのために何をしたら良いのかちょっとわかりづらいです。

過払い金を取り戻すためにはCMなどでおなじみの法律事務所に依頼しないと思い込んでいる人がとても多いのです。

弁護士に依頼しなくても大丈夫なのです。実は司法書士の先生に依頼しても過払い金を取り戻すことは可能なのです。

大阪に住むみなさんのお役に立ちたいと情熱と責任感溢れる司法書士の先生があなたからの依頼を完璧にサポートしてくれます。あなたもお金を取り戻して余裕のある生活を送ることができます。

過払い請求はどういうものか

過払い請求は、カードローンやキャッシングなどによって、貸金業者に払い過ぎている利息を弁護士や司法書士に間に入ってもらい、今ある借金を完済したり減額することを言います。過払い請求は多重債務であってもすることができます。

過払い金として返還してもらえる利息は、過去に消費者金融やクレジット会社が利息制限法の上限を越えたグレーゾーン金利を利用して、違法に取り続けていた分が当てはまります。

過払い金返還請求を依頼する場合には、個別の借金額や過払い金の額によって司法書士か弁護士を選びます。金額が140万円以下の場合は、司法書士に依頼することが可能です。

過払い請求の近道は弁護士に相談するところからです

複数の債権者から借金をして、その返済の為にまた借り入れを繰り返してしまうことを多重債務といいます。多重債務をしている債務者の多くは、普通のカード会社や消費者金融だけではなく、ヤミ金に手を出すこともめずらしくありません。

ヤミ金の多くはグレーゾーンで膨大な金利をかけている場合が多いので過払い請求の対象でありやすいのですが、すぐに会社をたたんだり、スムーズに応じないなど一筋縄ではいきません。普通の消費者金融もボーダーを超える金利以上の金利分を払っている場合は過払い請求ができます。ただし個人的に対処できるものではないので、法律のプロである弁護士に依頼することが重要です。

消費者金融に過払い請求できるかどうか

消費者金融はATMもたくさんあり手軽で簡単にお金を借りられるので何社も借りてしまうようなケースもあります。

利息がとても高いので毎月返していても利息だけ払っていて元金がなかなか返せず他のところから借りては返しての自転車操業になったりして、いつのまにか気がついたら多重債務を背負うことになります。

ただ、利息が高いのをみてみると払いすぎているケースがあるので専門の人に相談して過払い請求できるかどうか調べてもらうのがいいです。

支払い終わった借金も過払い請求できます。利息を払いすぎている可能性があるので請求できるかどうか確認したほうがいいです。

過払い請求の時効について

過払い金というのは、カードローンやキャッシングなどで、クレジット会社や消費者金融に払い過ぎている利息のことです。過去にはクレジット会社や消費者金融が、グレーゾーン金利という利息制限法を越えた違法な利息をとっていました。

その支払っていた利息分を返還してもらうための訴訟が過払い請求です。時効があり、民法でその期間は10年と定められています。

一社からだけではなく、多くの期間からの借金がある多重債務の場合も、過払い金が発生していれば請求の対象になります。多重債務を弁護士などに依頼すると、債務整理を勧められることもあります。

大阪、京都、神戸で過払い請求なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪すぐ
大阪市営地下鉄四つ橋線西梅田駅徒歩5分
大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅徒歩5分
TEL:06-6348-3055

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

困っているなら過払い金返還請求を

後少しでもいいから残りの借金が減らないかなと思っている人も多いのではないでしょうか。借金の返済で本当に辛い思いをしているという人は、過払い金返還請求ができないかどうか確認してみる事をおすすめします。

過払い請求を行う事で、一気に残りの借金が返済できる事もあれば、そうではないケースもあります。しかし、過払い金返還請求を行う事で、少しでも取り戻す事ができれば、返済に活かす事ができます。

また、過払いだけでは、解決する事ができず、それでもなお厳しい状況であるという場合には、過払い請求だけでなく、他の債務整理も併せて行われる場合があります。

債務整理を利用する事ができれば、深刻な問題でも解決する事ができます。

過払いについて質問する前に

きっと過払い請求については、初めて対応を行うという人が多いと思われます。そのため、過払いについて分からない事が出てくるという事も考えられます。

その様な場合に、どう対応するかという事ですが、過払いについて詳しい弁護士などの法律家に質問する方法があります。しかし、過払いについて質問する前に、自分で調べられる場合もあります。

過払い請求の手続きは、すでにたくさんの人が行っており、借金の返済に困っている人以外にも手続きを行っています。そのため、比較的情報が充実している事もあります。まずは、弁護士などの法律家のwebサイトを訪れてみると、知りたかった答えが見つかるという事も考えられます。まずは調べてみましょう。

ぜひ回収したい過払い

自分の借り入れに対して、過払い金が発生しているという事が分かれば、ぜひ回収するといいでしょう。

また、過払いについては、発生していても、自分の元に知らせが来るという分けではありませんので、状況を把握できていない人は、まず過払い金の有無や、その金額について把握する様に努めてみるといいでしょう。

過払い金返還請求について分からないままであれば、モヤモヤした状態で日々過ごす事になります。

また、過払いは時効が存在しますので、回収したいと思っても、タイミングを逃してしまうと、難しい場合もあります。少しでも回収したいという気持ちがあれば、できるだけ早めにアクションを起こす事をおすすめします。

個人再生は借金相談で解決

多額の借金や多重債務などに頭を抱えている場合、全額の返済が困難な状況に陥っているケースも多く存在しています。弁護士や司法書士などによって取り扱われている借金相談は、無料で実施されていることも多く、解決方法を見出したいという方に役立てられています。

借金返済に関する計画の立て直しが難しい場合、債務整理の手続きが行われることもあります。個人再生での解決を進める場合においては、裁判所への手続きも必要となるため、法律専門家へ手続きを依頼することが、面倒な手続きも一括して行ってもらえるなど、素早い解決へと繋がります。

司法書士を使って自己破産をあっさり終わらせる

破産を認めてもらうには、裁判所の許可と債務の処理が必要になります。この2つがしっかりされていれば、最終的に最後の許可が降りて、自己破産が成立します。1つでも認められないと完了せず、裁判所が認めない場合はそもそも先に進めません。

司法書士を使うことで、必要な理由などをしっかり作れる他、話す内容も決めることができます。特に理由が簡単なもので、明らかに認められないだろうと思われる事例でも、相談することでしっかりした理由は作られます。話してくれる内容、そして債務の処理などは任せることができるため、利用するとあっさり終わるチャンスがあります。

借金について相談できるプロ

借金について相談できるプロと言えば弁護士か、もしくは司法書士かと言う事になります。

弁護士でも司法書士でも同じ様に解決する事ができるのですが、弁護士の場合には何の制限もなく相談できますが、報酬は若干高めです。

しかし、司法書士は裁判所に代理人として出廷する事ができないので、どうすればいいかという意見をもらう事はできますが、実際に司法書士が自ら行うという事はできません。

また、規定の金額を超えると扱う事ができない事も忘れてはいけませんね。

それでも、個人が借金を抱えている場合には、金額もそれほど大きなものではない場合が多く、司法書士に相談できる場合もあるみたいですね。

MENU

過払い、債務整理などの借金相談、離婚、交通事故の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

過払い、債務整理などの借金相談、離婚、交通事故の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。大阪、神戸、千葉には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

過払い、債務整理などの借金相談、離婚、交通事故の相談以外のお問い合わせはこちら

過払い金返還請求

債務整理、個人再生

離婚弁護士

交通事故弁護士に相談

弁護士と法律事務所

ページトップへ戻る