時効になる前に過払い請求を!過払い金請求ができなくなる前に申し立てをおこないましょう。

TOP 弁護士 法律事務所 法律事務所大阪 企業の顧問弁護士を大阪で探す

目次

企業の顧問弁護士を大阪で探す

大阪には多くの企業が存在し、大企業も多くあります。企業を経営していると多くの問題に遭遇します。その多くは企業に勤めている社員によるものです。

多くの社員を雇うと社員各々の価値観や働き方に関するこだわりなどでトラブルもあるのです。実際に顧問弁護士に相談となるのはその最終手段にはなります。

多くは、勤務態度や勤務の実績などの評価などでのトラブルです。どうしても勤務態度を改めないなどの場合は弁護士と相談して対応を考えるしかありません。

それは大企業に限定されるものではなく、中小企業ほど多いかもしれません。中小企業でも顧問弁護士を雇っているところはそれほど多くはありませんが、弁護士と顧問契約を結ぶ方が会社運営上はやりやすいかもしれません。

企業の顧問弁護士の仕事

企業の顧問弁護士の仕事というと何を思い浮かべますか?雇っている使用人に関することと思うでしょうか?それとも取引先との契約や権利に関することと思いますか?

主に「社内規定の整備」、「労務管理の改善」、「契約書の整備やリーガルチェック」などを行います。また、外部からの訴えにも対応します。

その中でも契約書のチェックや整備は日ごろの業務として日々行われています。企業が外部企業と仕事を新規で行う場合にはよくあります。

契約書に不備があるとその後の交渉、業務遂行に支障がある場合もありますので慎重に行う必要があります。不安となるような場合は弁護士と顧問契約を結ぶ方がいいでしょう。

労務問題に強い大阪の弁護士

大阪にも労務問題に強い弁護士がいます。リストラや給料の減額を行った場合には労務問題が生じます。また、忙しくて残業時間を増やした場合、または大幅に減らした場合などにも発生します。

一番難しいのがリストラや解雇などの問題です。使用人としてはリストラや解雇は避けたいため多くの無理を言ってくることも少なくありません。

リストラや解雇を行う場合は会社も経営的にはかなりきつい時が多く、多くの要求には答えられません。だからこそ弁護士に相談し、妥協点を見出すことが大切になるのです。

弁護士によって提案や労使の仲介の仕方もことなるでしょうから会社にあった弁護士を雇うことが大切です。

新型コロナウイルスでの労働対応を弁護士に相談

新型コロナウイルスの蔓延で緊急事態宣言が出せれることも多くなっています。可能な限りテレワークでということではあるが、それに伴い働き方改革が必須になります。

それは緊急事態宣言でのテレワークでの交通費、残業代などの問題があります。それは弁護士と相談することでスムーズに進めることができます。

ただ、それは法律的な話でして、それには労使の思惑や思いがあるでしょう。それをうまく解決しないとその後大きなトラブルになります。

弁護士と相談しながら給与体系や労働規約を見直していくことが必要です。2020年以降多くの企業でそんな手続きを行っています。中小企業においても同様の相談が多いと聞いています。

書類作成を行うB型肝炎訴訟の対応を行う弁護士

わざわざB型肝炎訴訟の対応を行う弁護士に依頼するのではなく、救済の対象となっている人本人が、手続きを行う事もできます。

しかし、あえてB型肝炎訴訟の対応を行う弁護士に依頼するメリットがあります。

そのメリットとはB型肝炎訴訟の対応を行う弁護士が書類作成を行ってくれるという事です。手続きを行うと非常に高額な費用を受け取る人もいます。

そのために必要な書類は複雑であり、ミスなどがあっては受け取る事はできません。そこで、法律のプロであるB型肝炎訴訟の対応を行う弁護士が必要になります。

B型肝炎訴訟の対応を行う弁護士は、知識や経験を活かし手間のかかる書類作成を行ってくれます。

弁護士と法律事務所についての関連記事

MENU

過払い、債務整理などの借金相談、離婚、交通事故の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

過払い、債務整理などの借金相談、離婚、交通事故の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。大阪、神戸、千葉には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

過払い、債務整理などの借金相談、離婚、交通事故の相談以外のお問い合わせはこちら

過払い金返還請求

債務整理、個人再生

離婚弁護士

交通事故弁護士に相談

弁護士と法律事務所

ページトップへ戻る