時効になる前に過払い請求を!過払い金請求ができなくなる前に申し立てをおこないましょう。過払い、債務整理、離婚、交通事故を弁護士に相談。

TOP 取引履歴の開示から行う過払い

目次

取引履歴の開示から行う過払い

借金をいくらしたのかという事など借り入れについて詳しく書かれている書類は借金をした時に渡される事もある様です。

また、もらったけど紛失してしまったという人や、もらっていないという人は過払いを行う時に金融機関に対して郵送などで送ってもらうと言う事もできる様です。

しかし、取引履歴の開示を行うという事は次に過払い請求か債務整理を行う可能性が高いという事を金融機関は把握しています。ですので、個人が取引履歴の開示を求めてもすぐに郵送してもらえないケースも続出している様です。

そこで、弁護士事務所や法律事務所など専門の期間を通して開示を求めると、郵送してもらえる可能性は少し高くなるようです。

過払い金のあるなしの判断は自分でしない事

借金をしていた経験があり、もう返済し終わった人には過払い金が発生しているかもしれません。もう返済し終わったから、気にしないという人でも、弁護士に過払い請求を相談した方が良いのです。

もし過払い金が発生していないのならば、それで話は終わりますし、発生しているのであれば、過払い請求の依頼ができます。

過払い請求をするしないを自分で判断するのではなく、弁護士にお願いした方が良いでしょう。もともとは払わなくても良いお金を払ったわけですから、取り戻すことは当たり前のことです。成功の可否に関わらず、取り戻す可能性があるならば、相談すべきです。

過払い請求の関連記事

大阪の貸金業者と借金相談について

大阪の貸金業者を利用したことがある人は、決して少なくありませんが、過払い金の問題を早期に解決するにあたり、借金相談の制度が優れている法律事務所を見つけることがおすすめです。

また、法律事務所の過払い請求に関する対応の良しあしに関しては、それぞれの法律事務所の経営方針やスタッフの質の高さなどに影響を受けることがあります。

そこで、もしも借金相談のポイントについてわからないことがある場合には、経験豊かなスタッフが在籍している法律事務所の最新の成功事例に目を向けることで、多忙な生活を送っている人であっても、すぐに対応をすることができます。

大阪の貸金業者と借金相談について

司法書士などの法律家に過払いの代行を依頼すると費用がかかるという事で、自分で過払いを行ってしまいたいと考える人もいる様です。

確かに、インターネットなどで調べると過払いの一連の流れについては把握する事ができます。

しかしながら一人で過払いをすると行き詰ってしまう人もいるみたいですね。過払いでは交渉するという事が欠かせない事もあり、その点において司法書士は力を発揮する事もあるでしょう。

交渉がスムーズに進みやすいというのが司法書士にお願いする大きな利点であると思われます。門前払いとなってしまった場合にも司法書士に相談する事で解決できるかもしれませんね。困ったら司法書士を頼りたいですね。

過払い請求のメリット

現在、借金返済をしている人は、過払い請求ができないかを検討しましょう。過払い請求をすれば、払い過ぎた利息が戻ってくるメリットがあります。

したがって、返済計画が大幅に見直せます。

過払い請求は、司法書士や弁護士に依頼することで実現できます。過払い金請求業務をメインに活動している専門家に依頼すると良いでしょう。

最初の面談でどのようなメリットがあるのかを確認し、納得した上で業務を依頼してください。そうすれば、あなたの借金負担が軽くなります。無料相談を着付けている専門家もいますので積極的に活用することをおすすめします。

借金相談で過払い金が出るケース

最近は、テレビコマーシャルでも頻繁に過払い金という言葉を聞くようになっており、借金返済を続けてきた方が、弁護士に借金相談に行くということも増えているようですが、これは、どのパターンでも当てはまるわけではないので注意が必要です。

最近ではカードローンやキャッシング、消費者金融の金利もひと昔ほど高くはなく、期待したような弁済が受けられないことも少なくありません。かなり過去に、長きにわたって借金返済を続けてきた方の場合だと、かなりの法定外金利を支払い続けていたケースも多く、過払い金が戻り、弁護士費用も持ち出さなくて済むこともあるようです。

過払い請求と聞いて気になったら

過払い請求と聞いてハッとしたことがないでしょうか。最近よく耳にすることが多く、ラジオやテレビで過払い請求のことを聞かない日が珍しくと感じます。

過払い金請求を簡単に説明するとカードローンやキャッシングを利用し賃貸業者に支払い過ぎていた利息を返してもらうことです。

長年払い続けた借金などがなくなり、逆に過払い金が手元に残ったという話も珍しくはないと感じます。

支払いが行き詰まり自己破産を考えていたところ、過払い金請求のことを思い出し気になった方もいらっしゃるのではないですか。

今、自己破産を考えている方がいましたら今一度過払い金請求に当てはまらないかを調べてみてください。

過払い請求の期限について

出資法の改正前に借金をしていた方は、利息制限法の上限金利を越える金利で貸し付けられていた可能性があります。過払い請求をすれば払い過ぎた利息が戻ってきて、その分を借金残高に当てることも可能です。

一度手続きを行ったところからは再び借り入れを行うことができなかったり、過払い金で補填しても精算できない場合には債務整理となり、今後の借り入れやローンが制限されたりといったデメリットもあります。

しかし、予想以上の額が戻ってきて、自己破産をせずに済んだというケースもあるため、一度調べてみるのが良いでしょう。

注意したいのは請求期限で、最終取引日にあたる完済日から10年が経過すると時効となってしまいます。

自己破産前に過払い請求を

近年過払い請求という言葉が広く知られるようになってきました。実際に請求をした方もおられるでしょう。でも今、もう自己破産を考えた方が良いと言われたから無理だとお考えの方もおられるのではないでしょうか。

実は自己破産前に過払い請求をできる可能性があります。その事を是非知っておいてほしいです。

先ずは専門家や弁護士に相談して指示を仰ぐことをお奨めします。督促などで追い込まれてしまうと冷静さも失ってしまう場合もあります。

そんな時は冷静できちんとした知識を持った専門家に相談してみましょう。諦めず前を向いて生きていく第一歩に繋がります。

過払い請求かどうか調べてみよう

借金が完済できる見込みがない場合、自己破産を検討することとなりますが、その前にやるべきことがあります。

それは、借金の返済に過払いがあるかどうかを調べることです。借り入れ時期や期間によっては、過払い請求できる可能性があります。

実際に調べてみたところ、百万円以上が手元に戻ってきて、負債を帳消しにできたという方もいます。

自己破産をする前に必ず過払い請求がなかったかどうか、そして借金の過払い返済をしていないかどうかを弁護士等に依頼して調べてみましょう。

もしかしたら予想より多くお金が戻ってくるかもしれません。

過払い請求の弁護士費用

弁護士に過払い請求のお願いをすると、弁護士費用を支払う必要があります。過払い請求は、相談しやすい様に、過払い請求で取り戻す事ができた金額に応じて支払う金額が決定するシステムを採用している事もあります。

その場合には、過払い請求について相談した際の弁護士費用について過度に心配する必要はないでしょう。

過払い請求の事で弁護士相談を利用するなら、事前にどの様な料金体系となっているのか、または問題なく支払いを行う事ができるかどうかという事について確認しておく事をおすすめします。

料金体系は、法律家が自由に決める事ができますので、弁護士によっても大幅に異なるという可能性もあります。

実績が気になる過払い請求

相談するに当たり、この法律家が本当に過払い請求を得意としているのかどうかという事が気になる事もあります。

過払い請求における過去の実績を知りたい場合には、公式ホームページなどで紹介している事もありますので、チェックしてみるといいでしょう。

過払い請求の実績に関しては、金額で記載されている事もあります。過払い請求について相談するのであれば、ある程度実績がある法律家であれば不安なく相談する事ができるでしょう。

しかし、実績が豊富な法律家だから、過払い請求において全額取り戻せるかどうかという事は分かりません。

法律家は自分自身で選ばないといけませんので、ある情報を活用しましょう。

大阪、京都、神戸で過払い請求なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪すぐ
大阪市営地下鉄四つ橋線西梅田駅徒歩5分
大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅徒歩5分
TEL:06-6348-3055

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

返済中に行う過払い

借金を返済している時に過払い請求を行うという事もできます。借金の返済中に過払い金返還請求を行う事はいい事もあります。

過払い請求を行う事で、結果として当初の予定よりも早く完済できる場合もあります。借金を返済している人にとって、返済というのは大きなストレスとなっている事もある様ですので、過払い金返還請求を行う事はきっとプラスとなるでしょう。

返済を行う事に頭を抱えているという人は、返済中に過払い請求を行う事ができます。残りの返済額が少ない場合や、多額の費用が戻って来た場合には、戻って来た費用を利用する事で、完済できるケースもある様です。また、完済は難しくても、少しでも返済額が減るという事が期待できます。

過払いで大事な弁護士や司法書士の法律家選び

法律家に過払い金返還請求を行ってもらう場合には、法律家が対応する事になりますので、過払いにおいて法律家選びは大切であるという事が言えます。

過払いの対応を行う事ができるのは、弁護士と司法書士になります。

いかなる過払いであったとしても、弁護士であれば、誰でも相談する事ができますが、ちょっと敷居が高く感じている人もいる様です。

そんな場合には、司法書士に過払いを持ち掛けるという方法もありますが、扱う事ができる案件が金額により決められていますので注意する必要があります。金額が低い場合には、対応していただけますが、人それぞれ借入金額は異なりますので、自分で確認して判断する必要があります。

面倒だと感じる過払い金返還請求

言うまでもなく、過払い金返還請求が成功すると、お金が戻って来るというのが何より手続きを行う事のメリットであると言えるでしょう。しかし、過払いの手続きを行うのが面倒だと感じている人もいる様です。

自分で過払い金返還請求を行うと考えると、手間がかかり大変ですが、法律事務所に頼む事で、さほど面倒だと感じる事なく、過払い請求を行う事ができるでしょう。

多額の金額が戻ってきそうであれば、面倒だと感じても、過払い金返還請求をしたいと考える人も多いでしょう。しかし、戻って来る金額があまり多くなかったり、もしくは訴訟が必要となりそうであれば、検討したいという人もいます。最終的に、自分自身が満足できる結果となればいいでしょう。

債務整理の中で自己破産をした後の収入

ずっと長期的に仕事をしている人は、債務整理の中で自己破産をした後の収入というのはどうなるのでしょうか。

債務整理の中で自己破産をする際には、一定以上の財産は基本的になくなってしまうという事が考えられますが、すべて終えた後に得た収入というのは自分で自由に使ったり、貯金したりする事ができるそうです。

債務整理の中で自己破産をすると、制限がありますのですぐに貯金をするだけの余裕はないかと思います。

その日生活するだけでいっぱいだという生活になる事も考えられますが、それでも時間が過ぎる事によって、少しずつ余裕というのが出てくるのではないかと思います。

以後、同じ失敗を繰り返さない様にしたいですね。

自己破産や任意整理でクレジットカードの債務整理をする

債務整理の幾つかある手続きの中でも自己破産の手続きを踏むと全国銀行個人信用情報センターが管理している個人情報には10年間、個人再生の手続きを踏むと10年間手続きをした事実が残ることになります。

クレジットカードを使いすぎて返済が苦しくなった債務を任意整理の手続きを行って債務を圧縮してもらうためには、手続きを始める前にクレジットカードの支払いを停止する必要があります。

しかし、銀行口座から引き落とされる形で支払っている場合は、任意整理の手続きは始めることを通知しても、引き落としが暫くの間は止まらないことがあるため、口座の残高を0円にして、引き落とされないようにしておくことが必要になります。

保証人が返済義務を負う事もある債務整理

借金をしている本人が、返済が難しいからと言って債務整理を行うという事もよくある事でしょう。

しかし、その場合に保証人はどうなるのかという事が問題になってきます。一般的に借金をしている人が返済できないとなると、保証人に請求がやってくる事になります。ですので、債務整理を行う際には保証人と一緒に行うといいそうです。

借金が返済できなくなってしまった、という事を保証人に知られたくないという人もいますが、そのまま借金を放置すると更に状況は深刻になる事も考えられます。

無事に解決するという事を考えたいですね。状況によっては余計に保証人に迷惑がかかってしまうという事も考えられます。

MENU

過払い、債務整理などの借金相談、離婚、交通事故の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

過払い、債務整理などの借金相談、離婚、交通事故の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。大阪、神戸、千葉には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

過払い、債務整理などの借金相談、離婚、交通事故の相談以外のお問い合わせはこちら

過払い金返還請求

債務整理、個人再生

離婚弁護士

交通事故弁護士に相談

弁護士と法律事務所

ページトップへ戻る